略歴    
     名前はきっしゃん
     1950年8月17日生まれ
     しし座
     西宮の山奥生まれの神戸育ち
     有馬温泉の産湯で育ち
     3歳のころ神戸の街に引越し
     幼稚園、小学校、中学校、駅、バス停、商店街、銭湯等が
     全て5分以内という非常に便のいいところで高校卒業まで過ごす
     そのご、神戸市内を西へ西へと移動して
     現在は神戸の西の端に住んでいます
     元職は紳士服の商品企画マン
     今でも、反物を巻くのは上手いよ、そして、好きです
     少し前までは、学んだことと全く関係のない
     数値制御(N/C)データを作るプログラマーでした
          
     現役を退いてからも仕事はしていますが、パート、アルバイト的仕事で
     今は半日だけのアルバイトでランの遊び資金を稼いでいます

 運動嫌い(?)
     中学校は理科研究部、高校は新聞特別委員会、大学は書道部と
     部活は一貫して、文科系
     社会人になっても、酒と麻雀に明け暮れる毎日
     スポーツテストの1500m走は合格タイムギリギリだった記憶があります
     でも、何故か中高時代に少しヒマがあると六甲山に登っていました
     2時間もあれば登れる所に家があったんです
 
 運動の目覚め
     結婚し、長女ができた一ヶ月後に転職し
     プログラムの仕事に就いてから
     少しずつ運動をするようになりました
     バドミントン、スキー、ゴルフ、そして、ランニングときています
     
 ランニングとの出会い
     95年のある日、女房が体力測定の結果、体力年齢が実年齢より
     10歳も若かったのに対し、私は10歳も上だったのです
     そこで、一念発起してトレーニングセンターに通い始めて
     トレッドミルで走るようになったのが、きっかけです
     トレッドミルだけでは物足りなくなって、地面を走りだし、地面を走り出すと
     刺激と目標を求めてレースに出るようになり、現在に至っています

 人生を楽しもう! 
     95年1月17日の阪神淡路大震災
     あの揺れの中で幸い我が家は少しの損壊ですみましたが
     一瞬にして全ての物がゼロになるのを経験して
     人生観が変わったのも事実です
     たった一度の人生、大いに楽しもうと考えたのです

 もう半世紀以上を生きてしまった
 体調も考えて、アスリートからジョガーになって行くのかな・・・
 でも、できれば永遠に走り続けたい
                                   お知らせ 2003年6月

                                   お知らせ 2012年4月

                                   お知らせ 2015年9月

                                   白内障顛末記 2016年3月

       

   

inserted by FC2 system