村岡ダブルフルウルトラランニング

                2006.09.03

ウルトラを走り始めて2年

それなりに走ってきたけれど、そうなると一番きついと言われる

村岡を一度走ってみたくなってくる

去年脚試しも兼ねて44kmの部に参加したけれど

想像以上にきつかった

それでも、やっぱり今年は88kmの部に出てみようと思った

大会の雰囲気がいいし、厳しければ厳しい程

苦しい分だけ楽しみがある、そんな気持ちで参加を決めた

 

今年はのじぎく兵庫国体が開催される関係で

例年より3週間早く9月頭の開催

北海道マラソンもパスしたので

暑い7,8月にウルトラに向けて走りこみ

脚を鍛える必要があったけれど

ペースはまったくと言っていいほど上がらず

ロング走も30km以上走ることが出来なかった

少し長めの距離を走ると左ひざ辺りが微妙な感覚になるのも気になる

 

最後の1週間は調整ランの予定だったけれど

腰と脚が重くて火曜で練習を打ち切りひたすら休養に充てる

 

前日

少し早めに駅に出て昼食をすませ、明日に向けての買い物をすます

もりもりさんがお見送りに来てくれビールの差し入れ、ありがとう

イケ○ケさん、ダ○ルさん、カ○さん、カ○ニャンさん、私の

男5人でいざ出発

朝来山SAで休憩をとったものの、受付会場には3時前に到着

受付を済ませR&Wスタイルの店を覗いたりしている内に

ぞくぞくと知り合いのランナーが到着

宿に向かって受付をすませ荷物をおいて折り返しすぐに

前夜祭会場にマイクロバスで向かう

恒例のもちまき、6個Getしたけど、当たりはなしでした

1時間ほどで終了し、記念写真を撮ったりした後宿に帰る

カ○ニャンさんと部屋であれこれと色々な話をする

8時過ぎから遅めの夕食

簡単な自己紹介もしたりして、これまた記念撮影もして部屋へ

明日の荷物を最終チェックして10時前に就寝

外では少しだけ雨がぱらついた

 

当日

2時起床、2時半朝食

朝の「トイレ」がちょっと不十分でした

それと、少々寝不足気味

3時半スタート会場の兎和野高原野外活動センターへ

4時前に着いたけれどまだ人影はまばら

給水の水で痛み止めの薬を飲んで準備完了

射添会館行きとゴール行きの荷物を預けて時間つぶし

まだまだ暑いとは言えさすが高原、少しひんやりとする

5時スタート

「夏場」と言ってもこの時期になると5時はまだ暗い

しばらくはダラダラと上りが続く

すぐに夜が明けてきた

走り始めてしばらくして、やっぱり膝がイマイチと感じる

ペースはそれほど悪くはないけれど、脚が重く硬い感じがする

5kmを過ぎると民宿街を下る

道は狭く急勾配

民宿の人たちが家の前で声援を送ってくれる

押さえて押さえて走る

10km過ぎで100km組と分かれる

ここから少し上り、と言ってもまだ元気なのであまり堪えない

心配された天候も山に入れば風が心地よい

気温も太陽が照りつけることもなく曇りがちで助かる

上りきるとだらだらとまた下り

それが終わると20km辺りからコース唯一と言っていい平坦部に出る

川沿いを走った後村岡の市外地をぐるっと1周

この間往復する所が2箇所あるので多くのランナーとすれ違う

調子の良さそうな人、悪そうな人、仮装の人、と様々

ここを抜けて国道9号線を横切るといよいと蘇武岳目指して「山登り」

100km組はその前に右に折れて「ソーメン」エイドを目指す

山に入ってしばらくはゆっくり走って上りかけたけれど

いつまでも続くわけがないし無理して走る姿勢をとるより

早歩きの方があとあとの事を考えればベターと思いひたすら歩く

その脇を100kmのトップランナー達が走って追い抜いていく

上り切ると今度は急激な下りが待ち構えていた

路面はコンクリートなので走りにくい

押さえて下るつもりが左ひざ、内側に加えて外側も傷んできて

きつい下りが走れない状態になってきた

下り基調の3540kmも途中の少しの上りも歩くようになって43:38秒も費やした

この辺りで、上りは歩く、きつい下りも歩くようにした

となると、平坦部がないこのコースのどこを走る?状態に陥る

40km付近から雨

降ってくれたらと思っていたけど本当に降ってきた

この大会に向けての目標は

第一目標は時間内完走

第二目標は11時間以内で出来れば走りたい

最終目標はできるだけ10時間に近づける、だった

第二目標は100kmの○ポックさんより先着すれば可能で

最終目標は○のこさんの背中を見失わなければ可能となるけれど

そんな目標が次第に遠くになっていく

レストステーションまで下りが続くけれどまともに走れない

押さえて6分/kmの予定が

45km37:16、〜50km34:20もかかる

「リタイア」の文字が頭の中をよぎる

眠気も出てくるし、頭がふらふらするし、気分が悪くなるはで

コンディションは低下の一方

レストステーションの射添会館に辿り着く

すぐにダ○ルさん、○ラさんも入ってくる

ぬ○っちさん、まっ○ろくろすけさんとも会えた

ここではスティクタイプの「ソイジョイ」を口に入れアンパンを一個食べる

二人とくつろいでいる姿を見てダ○ルさんはもう止めるんかと思ったと後で言われた

普段なら、最小限の休憩しか取らずに走り出してますからね

それくらいテンションは低下していました

ここからきつい坂を上れば但馬大仏

おはぎ、あま茶をいただき、去年飲めなかった

冷たい甘酒を今年は飲んだけど、これ、最高

少し上った後は下り

もうこの頃には脚が自分のものであって自分のものでないような感覚

連続して走ることができない

下りの途中で時々立ち止まるようになる

相変わらず、眠い、頭ふらふら、気分悪いで

道端にへたりこんで仮眠をとりたい、そんな状況に陥る

でも、へたり込むとなんともなくなってしまう

ほぼ下り一辺倒の5055kmで45分もかかるようになる

このままレースを止めれば楽になるけれど

このコースはここまできたら、何としても完走したい

疲労困憊でいつも以上に時間とコースの関係が

もうあまり思い出せない

断片的な記憶しかない

ゼッケンの名前にHNを書き、住所はHPのタイトルにしたこともあって

コース上でネット、掲示板、ブログ繋がりの多くの人から

声を掛けてもらいました

55km過ぎからの山のぼり、当然のように殆ど歩きでした

しかし最悪なことに脚が痛いし、疲れもあって、歩くペースがかなり落ちてきた

脚が前にでない

21番目のエイドで今年はカレーを食べた

ここで○ポックさんに追いつかれる

サルの着ぐるみの○ろよんさんもこの暑さで途中で脱いでいた

コースの大半は旧村岡町ですが一部旧美方町を走る部分がある

そのあたりに差し掛かった75km過ぎで太陽が照り付けてきた

疲れはピークに達しているしこの暑さ、迷うことなくこの間は歩く

後で聞けばそうした人が多かったみたい

最後の山登りの手前のエイドでしばし休憩

だんだんとエイド滞在時間が長くなってきた

持参したぶどう糖のタブレットも後半のエイドで2回食べたけれど効果は不明

そう言えば途中砂利道の下りがあったけれど

もうどの地点か思い出せない

マー○んの母さんと相前後しながら進んでいたら

後ろからカ○ニャンさんの元気そうな声

来たぁ、やっぱり来たぁ、という感じ

上りを走ってるやないですか

やっぱり、上りに強い!

何度も置いて行かれそうになったけれど、必死に後を追いかける

ウルトラは10年振りとは言え地力が違うと思った

盲腸のような5600mの折り返し地点が最後のエイド

少し立ち止まった位で足早に走り出す

ここまで来たら12時間切ろうと、カ○ニャンさん

先に行ってと言ったけれど後を気にしながら走ってくれるその姿を見て

最後の頑張りをみせる

残り3kmで11時間39分39秒

下りの坂道をそれこそ必死の形相で駆け下りる

3kmを16分14秒で走って最後はカ○ニャンさんと手をつないでゴール

おかげで12時間を切ることが出来ました

ありがとうございました

ひとりでなら12時間はきっと切れなかったでしょう

まだまだ自分の走りは甘いと感じた

 

ゴールした途端に脚はサオボーグ状態

温泉に入ってさっぱりして帰路に

 

熱中症には注意していてエイドでしっかり給水したし

小便がでるうちはまだ大丈夫と思っていたけれど

この体調の悪さは何なんだろう

完走後に飲むCCDも2本目は気分が悪くて途中で止めた

帰宅後熱を測ると微熱気味

 

去年44kmを走り今年は88kmを走り

来年は100kmの予定だったけれど

こんな走りでは100kmは無理かも?

今のところ、来年はもう一度88kmにトライの予定

このままでは終われない

脚も鍛え、膝もメンテして、出直しです

 

〜  5km 30:39

〜 10km 27:28 民宿街

〜            42::03

〜 20km 15:38

〜 25km 28:31 村岡市街地

〜 30km 33:30

〜 35km 52:55 蘇武岳 39km

〜 40km 43:38

〜 45km 37:16

〜 50km 34:20 射添会館・但馬大仏

〜 55km 45:05  和佐父峠 54km

〜 65km 1:49:40

〜 70km 57:55 

〜 75km 42:15 ケビ大池 74km

〜 80km 57:14

〜 85km 39:40 一二峠 82km

〜 ゴール   16:14

   11時間5410


戻る

inserted by FC2 system